NOTE! This site uses cookies and similar technologies.

If you not change browser settings, you agree to it.

I understand

Reporting the underreported about the plan of action for People, Planet and Prosperity, and efforts to make the promise of the SDGs a reality.
A project of the Non-profit International Press Syndicate Group with IDN as the Flagship Agency in partnership with Soka Gakkai International in consultative status with ECOSOC.


SGI Soka Gakkai International

 

Photo: Channon Market. CC BY-SA 3.0

Kalinga Seneviratne’nin kaleminden

CHANNON (IDN) – 1976 yılında Batı’da hippi hareketi zirve noktasındayken bu güzelim manzaralı yerde çiftçilikle geçinen bu geleneksel köy, yakınlardaki Terania Nehri’nin etrafında yer alan yağmur ormanlarındaki ağaçların kesilmesine engel olmak amacıyla Avustralya’nın diğer ucundan gelmiş ağaç kesiciler ve çevreciler arasında bir savaşa sahne olmuştu. Bu, Avusturalya’daki direkt eylem içerikli ilk protestoydu.
Çevrecilerin birçoğu bölgede yerleşmeye karar verip ucuza tarım arazileri almış ve “Doğaya Dönüş”felsefesine dayalı komünler kurmuş.
“Buraya eşimle birlikte kendi kendine yeten fakir bir hayat yaşamak üzere 1970’lerde taşındık.

Foto: Mercado de Channon. CC BY-SA 3.0

Por Kalinga Seneviratne

CHANNON (IDN) – No apogeu do movimento hippie no Ocidente, em 1976, a tradicional aldeia de agricultores situada neste cenário era um campo de batalha entre madeireiros e ambientalistas que viajaram de toda a Austrália para impedirem o desmatamento da selva tropical de Terania Creek. Esta foi a primeira manifestação de ação direta na Austrália.  

Muitos dos ambientalistas decidiram estabelecer-se na região, comprando terrenos agrícolas baratos e estabelecendo comunidades com uma filosofia de "voltar à terra".    

Photo: Migrants on board a boat headed for Tripoli in July 2019. Critics say the EU should not be helping the Libyan Coast Guard to intercept and return people to a war-torn country where they face abuse and extortion. (Filippo Rossi/TNH)

【バージニアIDN=ジャクリーン・シャルスキ-ファウツ】

移住労働者は、新型コロナウィルスの感染が世界的に広がる中、「エッセンシャルワーカー(=社会にとって必要不可欠な労働者)」として、世界経済の最前線に立ち続けてきた。しかしこれは大きなリスクを伴うもので、彼らは、「国際救援委員会」が「想像を超える二重の緊急事態」と言及しているものに直面している。

紛争や強制退去を経験した移民たちは、世界的なパンデミックだけではなく、経済不況がもたらす影響にも立ち向かっていかなければならない。脆弱な立場にある移民たちは貧困に陥りやすく、紛争や追放の憂き目にあったり、危険な労働環境や厳しい生活環境に追いやられやすい。従って、ホストコミュニテイーで失業が増えれば、移民たちに対する経済支援や法律面での支援、さらには感染から身を守るための個人防護具へのアクセスを支援する必要がある。

Photo: Online shopping will never be the same after the coronavirus pandemic. Source: UNCTAD

【ジュネーブIDN=ジャムシェド・バルーア】

「新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の世界的な流行(パンデミック)はデジタル社会への加速を強めました。私たちが今日起こしている変化は、今後経済が回復しても継続していくでしょう。オンラインショッピングの広まりは、世界がパンデミックから回復するにつれデジタル化のチャンスがさらに拡大することを意味しており、あらゆる国がこの機会を活かせるよう対策を急がねばなりません。」と、ムキサ・キトゥイ国連貿易開発会議(UNCTAD)事務局長は語った。

キトゥイ事務局長の発言は、COVID-19のパンデミックがeコマースやデジタルソリューションの活用について消費者の行動にどのような変化をもたらしたかを調べた「新型コロナ感染症(COVID-19)とeコマース」と題した調査結果に基づくものである。調査国は先進国と新興国を含む9カ国(ブラジル、中国、ドイツ、イタリア、韓国、ロシア、南アフリカ共和国、スイス、トルコ)であった。

Foto: Para migran di atas kapal menuju Tripoli pada Juli 2019. Para kritikus mengatakan Uni Eropa seharusnya tidak membantu Penjaga Pantai Libya untuk mencegat dan mengembalikan orang-orang ke negara yang dilanda perang tempat mereka menghadapi pelecehan dan pemerasan. (Filippo Rossi/TNH)

Oleh Jacqueline Skalski-Fouts

Artikel ini membahas dampak ekonomi dan sosial dari pandemi virus corona dengan fokus khusus pada pengungsi, pencari suaka, dan pekerja migran.

VIRGINIA, AS (IDN) – Pekerja migran telah berada di garis depan ekonomi dunia selama pandemi COVID-19, sebagai pekerja esensial. Dan ini berisiko besar bagi diri mereka sendiri. Mereka menghadapi apa yang oleh Komite Penyelamatan Internasional disebut sebagai “darurat ganda yang tak terbayangkan”.

Fotoğraf: Koronavirüs pandemisinden sonra internet alışverişi asla aynı kalmayacak. Kaynak: UNCTAD

Yazar: Jamshed Baruah

CENEVRE (IDN) – Ticaret ve Kalkınma hakkında yapılan BM Konferansı (UNCTAD) Genel Sekreteri Mukhisa Kituyi, "COVID-19 pandemisi daha dijital bir dünyaya doğru değişimi hızlandırdı. Dünya ekonomisi düzelmeye başladığında, şu anda yaptığımız değişikliklerin kalıcı etkileri olacak," şeklinde konuştu.

Dünya çapında internet alışverişinin hızlanması, dünya pandemik cevaptan kurtulmaya geçerken tüm ülkelerin dijitalleşme ile sunulan fırsatları yakalayabilmesinin sağlanmasına yönelik aciliyetin altını çiziyor, diye ekledi.

The International Seabed Authority.

【キングストンIDN=マイケル・W・ロッジ】

アントニオ・グテーレス国連事務総長は、創設75周年に当たって国連に求められているものをテーマにした国連経済社会理事会での演説(7月)で、平和と安全、人権、持続可能な開発という大きな目標に向けられた多国間主義の強化と刷新を呼びかけた。

最大かつ最も長期的な効果をもたらした国連の成果の一つは、海洋に関する法的枠組みを打ち立てたことであろう。これは、正しくも「海の憲法」と称されている1982年の国連海洋法条約という形で結実した。我々は今週、国連創設75年を迎えるが、「より公正で平等な社会」という事務総長のビジョンに対する同条約の貢献を考えてみることは価値があるだろう。

Photo: Bhikkhuh Sanghasena, a leading Buddhist monk based in the state capital Leh, led a procession of local spiritual leaders across the town centre. The spiritual leaders included not only Buddhists, but also Muslims, Hindus, Christians and Sikhs.

【シンガポールIDN=カリンガ・セネビラトネ】

インドのS・ジャイシャンカル外相と中国の王毅外相が9月10日、モスクワで開催された上海協力機構外相会合に合わせて会談した。王外相は「インドと中国が、隣接する大国同士、異なった見解を持っているのは当前のことだ。」と述べた。

インドのNDVTネットワークによれば、王外相は、中印両国はともにアジアの新興国として、対立ではなく協力し合うべきであり、不信ではなく相互信頼を促進すべきだ、と述べたという。

Image credit: UNCCDC

【ボンIDN=リタ・ジョシ】

グレート・グリーン・ウォール計画により、この13年間でサハラ砂漠の南縁部に広がる2000万ヘクタールの荒廃した土地が回復された、とする報告書が発表された。報告書は9月7日、サヘル地域に点在する11カ国(セネガル・モーリタニア・マリ・ブルキナファソ・ニジェール・ナイジェリア・チャド・スーダン・エリトリア・エチオピア・ジブチ)の環境相が、地域のパートナーや国際機関、開発機関と共に開いたオンライン閣僚会議で発表された。

「緑の万里の長城」とも呼ばれるこの計画は、アフリカ連合の主導で2007年に開始されたもので、アフリカを横断する形で、セネガルからジブチまでのサハラ砂漠南縁部に沿って長さ8000キロ・幅15キロにわたる長大な「緑の壁」を構築(多様で適応力の高い在来植物を植樹しその周辺に農地を形成)し、従来砂漠化により貧困と慢性的な食糧不足に苦しんできたサヘル地域の人々の生活を変革しようというものである。この計画が完了すれば、オーストラリアのグレートバリアリーフの3倍もの規模に及ぶ、地球上最大の生態構造物が出来上がることになる。

Foto: International Seabed Authority.

Meinungsbeitrag von Michael W. Lodge

Generalsekretär der Internationalen Meeresbodenbehörde (ISA)

KINGSTON (IDN) – In seiner Ansprache an den Wirtschafts- und Sozialrat der Vereinten Nationen im Juli 2020 forderte der Generalsekretär der Vereinten Nationen zum 75. Jahrestag eine Stärkung und Erneuerung des Multilateralismus, der auf das übergeordnete Ziele von Frieden und Sicherheit, Menschenrechten und nachhaltiger Entwicklung ausgerichtet ist.

Newsletter

Striving

Striving for People Planet and Peace 2021

Mapting

MAPTING

Partners

SDG Media Compact


Please publish modules in offcanvas position.