NOTE! This site uses cookies and similar technologies.

If you not change browser settings, you agree to it.

I understand

Reporting the underreported about the plan of action for People, Planet and Prosperity, and efforts to make the promise of the SDGs a reality.
A project of the Non-profit International Press Syndicate Group with IDN as the Flagship Agency in partnership with Soka Gakkai International in consultative status with ECOSOC.


SGI Soka Gakkai International

 

Bild: Dr. Wim Naudé, Professor für Wirtschaftswissenschaften am Department of Economics an der Cork University Business School in Irland mit dem Bild der AfCFTA von der Website der Afrikanischen Union.

Von Busani Bafana

BULAWAYO, Simbabwe (IDN) — Die lang erwartete Afrikanische Kontinentale Freihandelszone (AfCFTA) — die flächenmäßig größte Freihandelszone der Welt —, die am 1. Januar 2021 in Kraft trat, verspricht eine neue Ära für den afrikanischen Handel.

Ein afrikaweiter Freihandelspakt könnte das Einkommen der Region um 450 Milliarden Dollar steigern und bis 2035 30 Millionen Menschen aus der extremen Armut befreien, wenn er von bedeutenden politischen Reformen und Maßnahmen zur Handelserleichterung begleitet wird, so die Weltbank. Wenn die Freihandelszone voll funktionsfähig ist, wird sie einen Markt von 1,2 Milliarden Menschen schaffen und ein kombiniertes BIP von 2,5 Billionen Dollar erwirtschaften.

ภาพ: ระบบอาหารในแอฟริกาได้รับผลกระทบทางลบจากความเปลี่ยนแปลงทางสภาพภูมิอากาศ ความขัดแย้ง และ COVID-19 เมื่อล่าสุดนี้ © FAO/Petterik Wiggers.

โดย J Natranis

นิวยอร์ก (IDN) - การแพร่ระบาดของโควิด -19 ได้ก่อให้เกิดสถานการณ์ที่น่าหนักใจอย่างยิ่งในประเทศที่ยากจนที่สุดในโลก Financing for Sustainable Development Report 2021 (รายงานการจัดหาเงินทุนเพื่อการพัฒนาที่ยั่งยืนปี 2021) โดยหน่วยงานสหประชาชาติและองค์กรระหว่างประเทศมากกว่า 60 หน่วยงานได้กล่าวว่าการแพร่ระบาดอาจทำให้การบรรลุเป้าหมายการพัฒนาที่ยั่งยืน (SDGs) ช้าไปอีก 10 ปี

Fotoğraf: Afrika’daki gıda sistemleri iklim kaynaklı şoklardan, uyuşmazlıklardan ve son zamanlarda COVID-19’dan olumsuz bir şekilde etkilendi. © FAO/Petterik Wiggers.

Yazar: J Natranis

NEW YORK (IDN) — COVID-19 pandemisi, dünyanın en yoksul ülkelerinde son derece sıkıntılı bir durumu tetikledi. Sürdürülebilir Geliştirme Hedeflerinin başarısının on yıl daha devam etmesini tehdit ediyor, Sürdürülebilir Kalkınma Finansman Raporu 2021 konusunda 60’tan fazla Birleşmiş Milletler Acentesi ve uluslararası örgütten uyarı alıyor.

Photo: The jobless in Malaysia. Source: Malay Mail.

【ジュネーブIDN=ジャヤ・ラマチャンドラン】

100年に一度の危機ともいわれる、新型コロナウィルスのパンデミックがもたらした大不況が、2020年の世界経済を直撃した。パンデミックは地球上のあらゆる場所に拡散し、これまでに1億2000万人以上が感染し、270万人近い人々が死亡した。

高い失業率と収入源の喪失により数多くの人々が貧困に陥っている。貧困下に暮らす人々の数は、2020年だけでも1億3100万人も増加したと見られている。このまま推移すれば2030年時点で、依然として7億9700万人が極度の貧困下にあるものと予想されるが、これは世界の全人口の9%にあたる。

照片:马来西亚的失业者。来源:马来邮件。

作者:Jaya Ramachandran

日内瓦(IDN)— 一场百年一遇的危机 — 由COVID-19大流行引发的大混乱 — 在2020年重创世界经济。大流行已触及全球的每个角落。同时,全球超过1.2亿人感染,近270万人死亡。

大流行期间,高失业率和收入损失使数百万人陷入贫困之中。仅在2020年,预计生活在贫困中的总人数将增加1.31亿。到2030年,仍将有多达7.97亿人陷入极端贫困之中,贫困人口比例将超过9%。

사진: 말레이시아의 실업. 출처: 말레이 메일.

글: 자야 라마찬드란(Jaya Ramachandran)

제네바 (IDN) — 한 세기에 한번 일어난 COVID-19 전염병으로 촉발된 대혼란이 2020년 세계 경제를 강타했다. 이 전염병 대유행은 지구촌 구석구석까지 퍼졌다. 한편, 전 세계적으로 1억 2천만 명 이상이 감염되었고 270만 명에 가까운 사람들이 목숨을 잃었다.

높은 실업률과 소득 손실로 인해 전염병 대유행 기간에 수백만 명의 빈곤 인구가 발생했다. 빈곤층의 총인구는 2020년에만 1억 1100만 명이 증가할 것으로 예상된다. 2030년까지 7억 9천 9백만 명의 사람들이 극심한 빈곤에 처하게 될 것이며, 이는 빈곤 인구 비율이 9%를 넘게 될 전망이다.

Foto: Os desempregados na Malásia [The jobless in Malaysia]. Fonte: Malay Mail.

Por Jaya Ramachandran

GENEBRA (IDN) — Uma crise única no século—uma Grande Perturbação desencadeada pela pandemia COVID-19—atingiu a economia mundial em 2020. A pandemia chegou a todos os cantos do globo. Enquanto isso, mais de 120 milhões foram infectados e cerca de 2,7 milhões de pessoas morreram em todo o mundo.

Image credit: VODAN-AFRICA

【ブリュッセルIDN=ラインハルド・ヤコブセン】

国連が「現在のコロナ禍の状況におけるデータ共有と再利用」に関する革新的なアプローチとして「VODANアフリカ」を推奨している。「ウィルス蔓延データネットワーク」(VODAN)は、新型コロナウィルス感染症に関する情報をその出所となる国から流出させて地元の医師や科学者が利用できない状態にしてしまうのではなく、データを共有することで情報がその国にとどまるようにすることを目指している。

ネットワークには、全ての参加国から、コンピューター科学や医療データ管理の専門家、医師、社会科学者が加わっている。現在、ウガンダ・ケニア・エチオピア・ナイジェリア・チュニジア・リベリア・ジンバブエが参加している。

Photo: Syringes are assembled and then packaged in a facility in Spain. © UNICEF/Francis Kokoroko

【ニューヨークIDN=J・ナストラニス】

最新の調査報告書が、各国が自国民優先でワクチンを抱えこもうとする「ワクチン・ナショナリズム」に向けた流れが強まっていることに対して警鐘を鳴らしている。報告書は、新型コロナウィルスワクチンの供給を独占することで富裕国は経済的破壊をもたらそうとしているが、その被害は途上国にとどまらず、ほぼ同様に深刻な被害が富裕国も直撃することになると警告している。

富裕国で今年半ばまでにワクチンが行き渡り、途上国の大部分がそこから排除されていたとしても、世界経済は、日本とドイツの国内総生産(GDP)の合計を上回る年間9兆ドル超を失うことになるだろうと、同報告書は予想している。そしてこの経済損失の半分近くは、米国やカナダ、英国といった富裕国が吸収することになる。

Newsletter

Striving

Striving for People Planet and Peace 2021

Mapting

MAPTING

Partners

SDG Media Compact


Please publish modules in offcanvas position.